IMAGICA GROUP、横浜市に屋内農園開設

映像の企画から制作、映像編集、配信・流通に至るまでを、グローバルにワンストップでお届けするIMAGICA GROUP(東京都港区)のグループ会社であるイマジカデジタルスケープ(東京都渋谷区)およびフォトロン(東京都千代田区)、コスモ・スペース(東京都千代田区)の3社は14日、屋内農園型障害者雇用支援サービスIBUKI(以下、「IBUKI」)を利用した屋内農園を2022年4月にオープンしていることを発表した。

IBUKIは、障害者雇用支援コンサルティングを行う株式会社スタートラインが運営するサービスで、障がい者が福祉的就労ではなく、企業就労としてハーブや野菜などの栽培を行うものです。栽培した作物は、今後、当社グループの各企業が利用するノベルティや従業員への福利厚生などに活用する予定です。

▼IBUKI サービス概要

屋内農園型障害者雇用支援サービス IBUKI

 

当社グループでは、サステナビリティへの取組みの一環として「ダイバーシティ  障がい者雇用推進」を図っております。障がい者社員が勤務するサテライトオフィスを八王子と横浜に構え、グループのバックオフィスとして活躍できる場を提供していますが、多様な働き方を創出するため、今回、新たに「農業」を軸とした障がい者の直接雇用を拡大いたしました。

当社グループでは、すべての人がそれぞれ持つ特性や能力を最大限生かせる職場環境の整備と多様性の確保を目指し、豊かで持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

 

■農園概要
<たるすけ農園>株式会社イマジカデジタルスケープ&株式会社フォトロン
<宇宙農園>株式会社コスモ・スペース
所在地:〒223-0057 神奈川県横浜市港北区新羽町285 IBUKI YOKOHAMA FARM3
アクセス:神奈川県横浜市 ブルーライン「北新横浜駅」
取り組み:野菜、ハーブ、エディブルフラワーなど、約50 種の栽培が可能。
収穫後はハーブティ等に加工して、オリジナルノベリティや会社の福利厚生として活用。

 

==農園名について==
※「たるすけ」とは、イマジカデジタルスケープ公式キャラクターの名称です。農園名は従業員投票により決定しました。
▼公式キャラクターWEBサイト(夢緒える&たるすけ)
https://www.dsp.co.jp/pr/character_yumeoeru.html
※「宇宙農園」はコスモ・スペースの社名にちなんで命名しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です